スマホを見ている女性

Instagramでよく聞くのはインフルエンサーですが、世間的に大きな影響力を持っている人を読んでいます。意味はInstagramだけでの専門用語ではなく、インターネットの中で使う言葉です。特にInstagramを始めYouTubeやTwitterなどで、消費者の購買行動に対して影響力を与える人のことを呼びます。インフルエンサーは一般的に好感度の高いモデルやタレントなどが起用されますが、特定分野の中で優れている人はナノインフルエンサーと言います。インフルエンサーは企業広告よりも信頼感があるという事で、広告塔として企業が起用することもあります。

InstagramやYouTube、Twitterなどで好感度が高いインフルエンサーを起用した場合、エンゲージメント率が高くなるので広告塔として起用するメリットが考えられます。エンゲージメント率の意味は、SNSでユーザーが積極的な反応を示した割合を示す値で、これが高いほど影響力の高いインフルエンサーやマイクロインフルエンサーということになります。インターネットが登場する前は主にテレビが、インスタグラマーの活動場所として使われていました。たくさんのタレントや歌手などの芸能人が、広告塔としてテレビCMに起用されることが一般的でした。

最近は口コミなどの影響力が強いエンゲージメント率を主軸に、ナノインフルエンサーも採用するようになっています。SNSが登場することになって、インフルエンサーがさらに細分化していることもあります。ここでは芸能人ではない一般人でも、インフルエンサーとして活躍する時代になっています。Instagramでのインフルエンサーの基準はフォロワー数が1万人を超えているということです。特にマイクロインフルエンサーやナノインフルエンサーでも、特定のジャンルで影響力が強ければ、そのジャンルの広告塔として起用される可能性が高くなります。フォロワー数が1万人を突破していない場合もありますが、投稿している写真などを見て企業が起用することもあります。インスタグラマーには、告知に協力したり商品紹介などの依頼をします。新しい市場で出来たばかりなので、これからさらにこのような起用方法が増えていきます。カリスマと言われる枠では100万人以上のフォロワー数がある、インスタグラマーで企業からのキャンペーンなどに協力しています。多方面で活躍しており一般人であっても、認知されていることが多いです。国内では数十人しかいないカリスマと言われる存在ですが、テレビなどで知名度があるモデルや芸能人であるケースもあります。Instagramにテレビやお仕事の場では見せない、プライベートな部分を投稿しているのでもともとのファンがフォロワーになっている可能性が高いです。