• ホーム
  • インフルエンサーとして失敗しないために

インフルエンサーとして失敗しないために

2020年01月10日

インフルエンサーで活躍していても、やってはいけない失敗をすることで仕事をもらえなくなることはあります。その主な理由としてはネタに走り過ぎる場合や、過激な投稿をすることが挙げられます。人の注目を集める目的が度を過ぎて、ただのニュースがフェイクニュースになることもあります。フォロワー数が少ないためにフォロワー購入することは、インフルエンサーとして失敗することの一つです。たくさんのインフルエンサーが存在しているため、そこから目立つにはどうしたら良いのかを多くの人は考えます。そして、最終的にネタに走り過ぎるため信頼性のない投稿になってしまったり、度がすぎるため炎上する可能性もあります。フェイクニュースでユーザーの気をひくこともあり、一時的に話題になっていてもそれは全く無意味なものなので失敗で終わる可能性も高いです。フォロワー購入は多くのSNSで公式規約で販売を禁止しており、大量にフォロワー購入をしていることで規約違反になります。本来のSNSマーケティングからかけ離れていくこともありますし、アクティブユーザーが少ないです。

やってはいけないこととして、人を惹きつける目的として過激な投稿になりすぎてしまったり、ステマなどユーザーに対して広告だとは気づかれないように、商品の紹介などをしていくことです。ステマ自体を規制しているものはありませんが、ステマをしていることがわかれば良い印象がありません。理性的な行動をとることで、フォロワーの信頼を獲得することが本来のインスタグラマーでのあり方です。これらの行動が目立てば、企業からの依頼が来なくなるばかりか契約解除される可能性も高まります。インスタグラマーとして理性的な行動をとることは、炎上しにくいですしフォロワーを増やすには効率的です。契約解除されてしまうと、インフルエンサーで失敗したも同然で収入が断たれてしまいます。特にステマはファンとしてフォローしてくれているユーザーに対して、真摯ではない宣伝の仕方を行います。もしステマであることが知られてしまうと、自分のアカウントが炎上する可能性もあります。炎上してしまうと、企業からの契約解除にもなりますしなんのメリットもないと言えます。どのような時も理性的な行動をとることで、地道にフォロワーを増やしていくことが最善の方法です。インフルエンサーはどのような時も、ユーザーに影響力を与える人なので注意が必要です。