• ホーム
  • モデリングができなくてもVtuberになれる!おすすめアプリ

モデリングができなくてもVtuberになれる!おすすめアプリ

2019年10月26日

バーチャルユーチューバーは、2Dや3DCGなどを用いたアバターを持っているユーチューバーの事で、派生語でよく使われます。ゲーム実況や独特な企画・雑談をするためのジャンルで配信しており、ジャンルでは区別出来ません。

バーチャルユーチューバーになるためにはモデリングをすることが基本で、MMDやFaceRigを使う事になります。ホロライブは2Dや3DCGの架空の人を作るためのアプリで、簡単に人気Vtuberへの第一歩を進むことが出来ます。カスタムキャストやFaceVTuberを使うことも出来ますが、MMDが使えない人はWEBカメラがあることを条件にして音声はPCで行い、バーチャルユーチューバーになることが可能です。

バーチャルユーチューバーにはキズナアイさんや、輝夜月さんなどが人気ですが、モデル作成もWEBカメラがあることで作ることができます。ホロライブ・カスタムキャストやFaceVTuberなどのアプリを使うことが難しくても、簡単に人気Vtuberを目指せます。キズナアイさんは自称世界初のバーチャルユーチューバーと呼んでおり、愛称はあいちゃんです。女の子のCGを使ったバーチャルユーチューバーですが、コマーシャルに出るという当初の夢が叶っています。輝夜月さんは2週間でチャンネル登録者が10万人突破している、人気Vtuberでさらに成長し続けているユーチューバーです。

MMDが使えない人でも人気Vtuberになることは不可能ではなく、モデル作成を行い音声はPCですることができます。インターネット配信を行うことは世界中で人気がありますが、それでも顔を出したくないため始められないという人はたくさんいます。プライベートがなくなりそうですし、セキュリティ面でも心配する人がいるので、バーチャルユーチューバーになることでこれらを解消することができます。さらに独特のキャラクターを作り上げるので、それになりきることでさらに楽しみも広がります。誰にも知られることなく、人気Vtuberになって収入を得る人もいるので得策です。アプリなどをダウンロードしなくても、問題なく行えるので人と少し違うバーチャルユーチューバーとして活動できます。すでに多くの配信者が存在しているため、オリジナリティを出すために工夫をします。モデリングができなくても人気Vtuberを目指すことができる中で、アイデアを生かしていきます。