• ホーム
  • 主婦層が多いデリスタグラマー必須の撮影テクニック

主婦層が多いデリスタグラマー必須の撮影テクニック

2019年08月22日
パソコンの画面にあるSNSのアイコン

デリスタグラマーは主婦層に多く見られ、InstagramなどのSNSを通して目で見ても美味しそうな料理を、素敵な画像に収めて投稿する人たちのことを呼んでいます。Instagram内でフォロワーが1万人を超えている人たちを、特にデリスタグラマーと呼ぶ傾向があります。デリスタグラマーから有名になった食べ物として、ちぎりパンやおにぎらずなどがあり、基本的に「食」をテーマにしているものが多いです。撮影テクニックなどは後から身につくものですし、基本的に料理をうまく作り見せ方を知っている人がなりやすいとされます。写真に収めるということで、撮影テクニックは必要ですが、色合いはもちろんのこと角度も大切です。自然光を使うことで不自然ではない、食材の色合いがそのまま出る撮影テクニックもあります。「食」をテーマにしているので、ベーシックな食べ物からちぎりパンやおにぎらずなどの独特のものまで選出されています。フォロワーも主婦層が多く毎日の料理の参考にしていることもあるので、定期的に閲覧されます。特に自然光で行う撮影テクニックは、角度を調節することで美味しそうに撮ることができます。

自分で作った料理がうまくできると誰でも写真に収めて見たくなりますが、綺麗に撮ることは少し難しいです。特にカメラやアプリなどに頼らなくても、デリスタグラマーは技を知っているので綺麗に撮ることができます。角度で奥行きを出したり、おしゃれなキッチン道具を使って見たりデコレーションとして添えることも可能です。素材の色合いを生かすために自然光で撮影することは必須で、日中に撮影時間を撮ることができます。料理の写真は基本的にメインの料理を近くから撮りがちですが、壁を挟んで奥行きを出すとさらにおしゃれ感が増します。素材の色彩は料理で使っている色味を、写真の中で見るとさらに新鮮さが増します。美味しそうな写真を撮ることで、さらにフォロワーが増えるという環境にあります。りんごが食材として使われているときは、デコレーションとしてりんごを置いて見ることも雰囲気作りには大切です。少しの工夫で立体が出て、食材も美味しそうに写ることがあります。主婦層がデリスタグラマーとして活躍しているので、撮影テクニックは独学でしているケースも多いです。料理研究家としても活躍していたり、仕事と兼業で行なっていることもありますが料理が好きだということは共通して言えます。